認定制度

上級臨床培養士

日本再生医療学会上級臨床培養士制度は、臨床培養士制度規則第3条に定める要件を満たし、かつ、再生医療等における細胞培養の基礎から応用を理論的に理解し、これを指導することのできる細胞培養技術者を養成することにより、安全で有効な再生医療等の実践を促進し、その発展をもって広く国民の福祉に貢献することを目的としています。

 

【お知らせ】上級臨床培養士申請条件について

下記の申請条件について、補足いたします。
申請条件で定める「厚⽣労働省が定める許可、届出または認定済の細胞培養加⼯施設」と
「再⽣医療等製品製造施設(製造・治験)」を同等とし、運用しております。
ご理解の程、よろしくお願いします。
========================================
⽇本再⽣医療学会 上級臨床培養⼠制度細則(抜粋)
第2章 上級臨床培養⼠資格の認定申請に必要な条件
(申請条件)
(3)再⽣医療等に関する臨床・研究経験がある者(以下のいずれかに該当する実績を有する者。)
① 厚⽣労働省が定める許可、届出または認定済の細胞培養加⼯施設(以下「細胞培養加⼯施設」という。)

での臨床⽤細胞培養技術者として累積36か⽉以上の経験を有し、かつ、操作⼿順書または指図書の作成に

ついて3件以上の実績を有する者
========================================