日本再生医療学会

日本再生医療学会のダイバーシティに関する取組

日本再生医療学会では、これからの医療である再生医療において、多様性に富んだ視点からの議論・事業を推進するため、2021年度よりダイバーシティ委員会を新たに設置いたしました。女性やハンディキャップト、外国人、LGBTQなどのマイノリティの皆さまはもちろん、ダイバーシティの精神にご賛同をいただけるステークホルダーの皆さまからの積極的な参画を祈念しております。

ダイバーシティ委員会の活動方針

⚫多様性を尊重するダイバーシティの精神の啓発・推進

⚫会員が多彩な個性と能力を生かしてライフワークバランスが実現できる教育、研究、診療環境のサポート

⚫患者の多様性を尊重し、分かりやすい再生医療とその啓発活動の推進

⚫ダイバーシティの視点に立った人材育成の推進

ダイバーシティ委員会のご紹介

                           

委員長 田中里佳(順天堂大学)   副委員長 高橋政代(ビジョンケア)     
2002年に東海大学医学部を卒業し、形成外科学と再生医学を専攻し、血管再生・創傷治癒・組織再生の臨床と研究に従事。現在、順天堂大学大学院医学研究科再生医学担当教授・順天堂大学医学部形成外科学講座教授。再生医療学会理事長補佐。再生医療等製品開発のベンチャー株)リィエイルを立ち上げ、新規再生治療等製品の開発に取り組む。委員長として本学会員の多様性を尊重し、ダイバシティを啓発・推進する。 株式会社ビジョンケア代表取締役社長、神戸アイセンター病院医師、公益法人NEXT VISION理事。再生医療学会理事。網膜再生医療、遺伝子治療の開発と共に視覚障害を含むインクルーシブ社会の実現を目指して活動している。

                           

委員 江副幸子(大阪大学)   委員 岡田 潔(大阪大学)  
大阪大学大学院保健学専攻空間感染制御学講座特任教授、大阪大学医学部附属病院未来医療開発部細胞・遺伝子治療ユニット顧問、男女協同推進センター会議委員(2020年度まで)、日本再生医療学会幹事、同学会医認定医制度委員会委員、同学会臨床培養士制度委員会副委員長、大阪大学医学部附属病院血液・腫瘍内科医として医療に従事すると同時に再生医療の発展のため、特に教育、人材育成において活動をしている。 大阪大学大学院医学系研究科産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ特任准教授、同附属病院未来医療開発部再生医療等支援室副室長、日本再生医療学会常務理事。整形外科医として医療に従事する傍ら、学会活動を通じて、再生医療を普及させる枠組み造りを目指している。また、厚生労働省、医薬品医療機器総合機構での勤務経験を活かし、再生医療開発に関するコンサルティングなども実施している。

 

                                     

 委員 覚道奈津子(関西医科大学)  委員 藤原なほ(順天堂大学
関西医科大学形成外科学講座・主任教授、オール関西医大女性医師キャリアセンター副センター長、日本形成外科学会キャリア支援委員。形成外科領域の臨床・研究・教育を行いながら、ライフイベントの困難に直面してもキャリアを継続する医師・研究者への支援活動を行っている。自身の研究テーマは脂肪幹細胞と多血小板血漿を用いた再生医療。 201820年まで厚労省で再生医療専門官として勤務し、ES指針の改正・再生医療等安全性確保法の5年見直しなどに従事。現在は小児外科で臨床医として、さらに臨床研究治験センターを兼務し、適正な臨床研究の実施を支援する業務を行っている。再生医療の実現化には臨床医だけではなく、様々な専門家の知識・技術を集結することが重要であると考えており、本学会でのダイバーシティに関する取組に尽力いたします。

 

                          

委員 馬渕 洋(東京医科歯科大学)   委員 三浦恭子(熊本大学)  
東京医科歯科大学の馬渕と申します。若手研究者の底力と若手同士のネットワーク形成に興味を持っています。さまざまなバックグラウンドを持った人々の集まりの中から、大きなブレイクスルーが生まれると感じています。再生医療学会ダイバーシティ委員会を通じ、研究者間でのダイバーシティ、考え方や行動についての多様性を理解・発信できればいいなと思っております。何卒よろしくお願いいたします。 熊本大学大学院生命科学研究部老化・健康長寿学講座准教授。マウスiPS細胞の移植後の安全性と治療効果に関する基礎研究を経て、現在は日本で唯一の、最長寿齧歯類ハダカデバネズミの飼育施設を持つ研究室を主宰し、30年以上の長寿と老化耐性、発がん耐性に関わる分子機構/制御遺伝子について、幹細胞の特性などの観点から研究を進めている。6歳と3歳の息子の子育てと研究生活をなんとか両立させるため、日々奮闘している。

 

                           

委員 八代嘉美(神奈川保健福祉大学)     書記 金 美海(大阪大学)    
神奈川県立保健福祉大学ヘルスイノベーション研究科教授。日本再生医療学会生命倫理委員会委員長、広報副委員長。専門は幹細胞生物学、科学技術社会論。社会の多様な価値観の尊重と共存が未来を創る、という考え方ののもと、再生医療研究と社会とのコミュニケーションや倫理的位置づけに関する研究を通じ、研究者や企業の視点にくわえ、患者・市民の広い価値観を取り込んだ再生医療をつくることを目指している。 大阪大学大学院工学研究科生物工学専攻・准教授として細胞組織などの反応場を提供する空間を対象とし「ヒト組織の成り立ちを理解し育む技術を構築・利用する」ことに興味を持ち生物プロセスの観点から育む技術を構築利用することを目指している特に再生医療に対する生物化学工学の貢献を目指し、細胞挙動制御に基づいた組織再構築のため培養方法の確立、および生産プロセスの開発などの研究に従事している。