日本再生医療学会

イベント情報

患者・市民向けのイベント情報をご案内します。

【参加申し込み】11月28日開催:中高生向けwebイベント「再生医療は社会に向けてどのような発信をすればよいのか」考える

 再生医療とは、病気や事故などによって失われてしまった体の細胞や組織、臓器を再生させ、機能を回復させることを目指した新しい医療です。病気や怪我に新しい治療法をもたらすのではないかという大きな期待を受け、世界中でたくさんの研究が行われ、日夜さまざまな可能性が生まれています。その一方、新しい医療であるがゆえに、社会で広く使われるまでには、本当に安全か、本当に効果があるのかを確かめる必要があります。
そうした過程について、医師や科学者ではない人々が知る機会はなかなかありません。専門家以外には医学の知識を理解することが難しい、ということもありますが、逆に専門家の側が成果を誇張して発信してしまったり、その成果への期待を利用して金銭的に利益をあげようとした思惑も入り込むことがあります。
 あなたが、家族が、身近な人が研究に協力しようと考えたり、まだ国が医療として承認していない技術を治療が選択肢として示されたら、なにをもとに考え、判断を下すでしょうか。判断材料は十分でしょうか。なにより、あなたが「知りたい」情報が得られているでしょうか。なにより、わたしたち日本再生医療学会は、みなさんに情報をじょうずにとどけることができているでしょうか。
 日本再生医療学会では、よりよい再生医療を作り、そして選ぶための情報の現在を考え、将来を作ることを目指す企画を開催します。第1部では、先端の再生医療研究に触れたり、新しい技術がもたらすイメージをかんがえながら、日本再生医療学会が社会との関係をどのように考えているかのお話をお届けします。第2部では、実際にみなさんに再生医療と社会との関係について議論をしてもらい、最先端の研究者と考える場を設けます。この機会に、「社会といっしょに再生医療をつくる」ことについて、みなさんで考えてみませんか。

イベント日時

2021年11月28日(日)13:00-17:30
<第1部/講演>13:00-14:00 ※敬称略
 司会:東島 仁(千葉大学)
 「iPS細胞から臓器を創り出す!:武部貴則(東京医科歯科大学/横浜市立大学/シンシナティ小児病院)
 「再生医療とSFのはなし」:八代嘉美(日本再生医療学会)

<第2部/ワークショップ>14:30-17:30
 司会:八木絵香(大阪大学)
 有識者:武部貴則(東京医科歯科大学/横浜市立大学/シンシナティ小児病院)
     八代嘉美(日本再生医療学会)

 第2部はグループに分かれて、「再生医療は社会に向けてどのような発信をすればよいのか」について、ディスカッションするワークショップを行います。2つテーマを同年代の参加者と議論を行い、最先端の研究者と考えていきます。

※講演やワークショップの前に、以下のページを事前にご覧いただくと理解が深まるかと思います。
くすりとiPS細胞 | 再生医療ポータル (saiseiiryo.jp)

申し込みURL ※2021年11月20日(土)15:00 締切 受付終了

第1部:講演
第2部:ワークショップ(定員30名)
※第2部は、抽選とさせていただき、当落については、当選者へは11月25日までに当日の接続URLのご案内をもってかえさせていただきます。

開催方法

オンライン(ZOOM)

参加費

無料

その他

・本イベントは、中学生、高校生を対象としておりますので、それ以外の方のご参加はご遠慮ください。
・撮影、録画、録音は禁止です。書き起こし、撮影した資料をSNS等で公開するのはご遠慮ください。
・第1部講演資料は後日、日本再生医療学会HPに公開する予定です。

イベント開催報告:8月22日「患者・社会と考える再生医療」

これからの再生医療情報をつくってみた
~ 日本再生医療学会と一緒に、みんなのための再生医療を受ける前にチェックするリストを作りませんか?~

本イベントは以下の通り、オンラインにて開催いたしました。

【日時】2021年8月22日(日)13:00 – 16:00

 第1部では、現在の最新の再生医療研究を紹介し、日本再生医療学会がリスクとベネフィットをどのように考えているかをお伝えしました。

司会:東島 仁(千葉大学)
※以下、講演資料をダウンロードいただけます。

 また第2部では、自由診療を受けるかどうかお悩みの方々に届けたい「チェックリスト」を使いやすくわかりやすいものにするために、参加者の皆さまと研究者(第1部演者)を交え、ディスカッションをしながら、作成しました。本チェックリストは、引き続き、参加者と一緒に更新し、2022年3月を目途に、最終版を再生医療ポータル(https://saiseiiryo.jp/)に掲載する予定です。

 本イベントでは、社会が再生医療というものと、もっと密接に関わっていただく、いろいろなニーズや、そういうものも含めて意見の交換ができるような社会がつくれると考えております。たくさんのご参加、ありがとうございました。                                             

以上
                                               

8月22日開催:「患者・社会と考える再生医療」 

これからの再生医療情報をつくってみた
~ 日本再生医療学会と一緒に、みんなのための再生医療を受ける前にチェックするリストを作りませんか?~

 再生医療とは、病気や事故などによって失われてしまった体の細胞や組織、臓器を再生させ、機能を回復させることを目指した医療です。病気や怪我に画期的な改善をもたらすのではないかという大きな期待を受け、世界中でたくさんの研究が行われ、日夜さまざまな可能性が生まれています。患者さんやご家族をはじめとする多くの皆さん、そして社会全体から協力を受けて、研究、そして医療が作り上げられています。
 再生医療は新しい医療です。だからこそ、治療を受けるにあたって、受ける説明の内容を踏まえた、ひとりひとりの患者さんの判断が、とても重要です。わたしたちは日常生活で色々な情報を手掛かりに種々の判断をしていますが、最先端の再生医療について、なにをもとに考え、判断を下すのでしょうか。
 この数年で、国が治療として承認し、「公的な医療保険」を使って受けられるいくつかの「再生医療」が登場しています。この場合、それぞれの治療法が安全なのか、しっかり効果があるのか、といったことを確かめる臨床試験の結果をもとに、国で「治療効果があるかどうか」が審査されています。この審査に合格してはじめて、国は「治療」として承認します。他方、公的医療保険を使えない医療もあります。そのような医療は「自由診療」と呼ばれ、医療を提供する側と受ける側の双方が合意した場合に限って、国が審査・承認していない方法や薬を使用できます。つまり自由診療の場合、日本国内で未承認の薬や方法や、研究段階にある治療法を受ける機会が得られます。この場合、国は治療としての安全性や効果を承認していません。そのため、すべての費用を患者さんが負担しなければなりません。また、価格は、医療機関が自由に設定することが可能です。これらを踏まえた上で、「受けるかどうか」を判断しなければならないのです。そのとき、あなたが理解でき、判断に役立つ情報は、どのくらいあるでしょうか。
 日本再生医療学会では、社会のみなさんにとって、よりよい再生医療を作ることを目指しています。そこで今回、いま、そして未来を生きるひとりひとりが、よりよい再生医療を選ぶための情報を作ることを目指す企画を開催します。第1部では、現在の最新の再生医療研究を紹介し、日本再生医療学会がリスクとベネフィットをどのように考えているかをお伝えします。第1部の内容を踏まえて、第2部では、日本再生医療学会が、自由診療を受けるかどうかお悩みの方々に届けたい「チェックリスト」を使いやすくわかりやすいものにするために、みなさんのお知恵を貸していただきたいと思います。研究者と社会が一緒に、よりよい再生医療をつくるための話合いに、あなたも参加してみませんか?

イベント日時

2021年8月22日(日)13:00~16:00(第1部:講演、第2部ワークショップ)

申し込みURL(8月15日15:00締切)

※受付は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。
抽選とさせていただき、当落については、当選者へは8月21日までに当日の接続URLのご案内をもってかえさせていただきます。当選者の第2部参加希望者へは、別途メールで事前アンケートをお送りいたします。

開催方法

オンライン(Zoom)

参加費

無料

その他

・本イベントは、個人的な疾患の診断、治療等の質問はお受けいたしません。
・撮影、録画、録音は禁止です。書き起こし、撮影した資料をSNS等で公開するのはご遠慮ください。
・資料は後日、日本再生医療学会HPに公開します。

プログラム

イベントに関するお問い合わせ

NCイベント運営事務局(株式会社T’s Garden内)
E-mail:nc-events@ts-garden.co.jp