ナショナルコンソーシアム

Category:

整形外科領域における自己多血小板血漿(PRP)療法再生医療等提供計画ひな形

厚生労働省の報告によると、2020年1月末までの再生医療等安全性確保法の施行件数は3,800件を超え、その8割近くは第三種再生医療等に分類される歯科および整形外科関連の治療となっております。

日本再生医療学会では、日本医療研究開発機構(AMED)の「再生医療臨床研究促進基盤整備事業(ナショナルコンソーシアム事業)」の一環として、2019年4月の省令改正に伴い、独自に作成した整形外科領域の自己多血小板血漿(PRP)療法における再生医療等提供計画(様式第一の二)ならびにその添付書類の一部について、ひな形を公開する運びとなりました。

これを基に、その他の第三種再生医療等の治療にも応用し、ご利用ください。

今後、再生医療等を提供される先生方にご活用いただければ幸甚です。

 

ひな形のダウンロードはこちら