学会からのお知らせ

Category:,

第20回日本再生医療学会総会

総会ウェブサイト:https://site2.convention.co.jp/20jsrm/

 

COVID-19の影響により第19回日本再生医療学会総会がWeb開催となりました。世の中の枠組みも大きく変わろうとする中、人と人が出会い、交流することの重要性、国内外連携の重要性、を益々強く感じております。

 

日本再生医療学会は、産官学民を繋ぐハブとして、今まで基礎科学、応用研究、規制科学、産業化、先端的な再生医療の実現などの全てに関わる、他に例をみない多領域連携学会として、再生医療の推進に努めてまいりました。オールジャパンでの再生医療の推進に向けて、臨床研究や治験を支援し、全国的な再生医療等データ登録システム(NRMD)の整備・運用も進めています。まだ歴史の浅い学会ですが、活気に溢れ、年ごとに進化する他に例をみない集合体と感じております。

 

そのような中、一つの節目となる第20回総会は、2021年3月11日~13日の3日間、神戸国際会議場及び周辺施設にて開催する運びとなりました。総会の大会長を務めさせていただくことを大変光栄に存じております。

 

本総会は、「Back to the Basic, Look to the Future」をテーマとして、再生医療の基盤である基礎研究にもフォーカスした議論を繰り広げたい、また基礎や臨床から得られた知見を、さらに優れた未来医療に結びつけるべく、未来の再生医療を考える機会にしたい、と願っております。

 

現在2021年3月の総会に向けて、プログラムや開催方式を鋭意検討中ですが、基礎、臨床、臨床応用、産業化、規制、生体材料、倫理、社会連携など幅広いテーマを集め、どのような形でも、知識を深め、交流し、皆で議論するディスカッションの場を設けられればと考えています。オンサイトでもウェブでも、様々な工夫を凝らして、皆さんが楽しめる総会にしたいと思います。本学会は、アカデミア・医療機関間の連携のみならず、様々な企業、省庁や規制当局との連携、国外の関連学会との連携、中高生など若手へのアプローチ、などにも力を入れており、今回の総会でもすべての領域を網羅し、誰もが参加でき、そして深い議論ができるように、最大限の工夫を盛り込む所存でおります。海外の主要な再生医療関連学会のトップもこの総会に参加予定であり、総会には約7000名の参加者を見込んでおります。また総会期間中には、ポートピアホールにて記念式典も開催し、学会の歴史を振り返る展示も行う予定です。

 

この記念すべき第20回大会への多くの皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

 

第20回日本再生医療学会総会

会長 森尾 友宏

東京医科歯科大学 発生発達病態学分野 教授